スキヅキノゲ:日本のケータリングサービスディスクスキヅキノゲで日本で

のケータリングサービスここNoge Sukizukiで日本のケータリングサービスについて学ぶと、より知識のある人になります。日本のケータリングサービスについて知っておくべき重要なことは次のとおりです

。1。日本のケータリングサービス-知っておくべきことすべて!日本のケータリングの世界へようこそ。ここでは、まず業界の概要を説明し、次に実際に知っておく必要のあることに焦点を当てます。まず、日本のケータリングは大企業です。実際、日本の外食産業は、中国とフランスに次ぐ世界第3位の規模です。また、政府の最新の数値によると、日本のすべてのケータリングサービスの総売上高は推定2.6兆円(約160億米ドル)でした。

これは、前年の4兆2500億円(約55億米ドル)に比べて21%の増加に相当します。この増加は主に、ケータリングサービスの顧客数が過去数年間で着実に増加しているという事実によるものです。実際、ケータリングサービスの顧客数は、過去5年間で約9%の複合年間成長率(CAGR)で増加しています。ケータリングサービスの顧客数が増えているのはなぜですか?それは簡単です。それは、日本の経済が改善し続けるにつれて、人々がますます多くのより良い食べ物を食べているからです。

1.ほとんどの日本の企業はケータリングイベントを持っていません。したがって、日本でのケータリングビジネスを理解することは重要です。そうすれば、自分が何に反対するのか、そして日本でケータリングイベントを開催することを検討する価値があるかどうかを知ることができます。

2.日本には3つの主要なケータリングがあります。 「きつけ」、「刺身」、「宴会」(パンケース)です。

3.「キツケ」は「飲むサンプル」を意味し、入手可能なケータリングの中で最も安価なタイプです。通常、お一人様「円」(¥)でご注文いただけます。

4.「刺身」は「サンプル肉」を意味し、通常はキロ(重量)あたりの「円」で注文されます。

5.「宴会」とは「スーツケース一杯」を意味し、通常は1人あたり「円」で注文されます。

 6.通常のレストランや旅館でパーティーを予約することはほとんど不可能です(電話があっても)。なぜなら…彼らは通常、ケータリングについて何も知らないからです。

7.日本には、ケータリングの知識があり、すべての手配ができる人が必要です。

8.メニューに許可のサインがあっても、一部のレストランでは許可されていない特定のアイテム(ケーキなど)があります。したがって、ケータリング業者が日本人であり、「鍵の番人」によって承認されていることを確認するのが最善です。このケータリングサービスについて詳しく知りたい場合は、こちらのレポート全体を読む必要があります。そして、シリーズの他の29のレポートを読むことを忘れないでください。 Paul C. “The Skeptic” PS私が提供する次のセミナーは、これまでに行った他のセミナーとは異なります。私がいつものように3日間話す代わりに、私がバックグラウンドで静かに座って時々いくつかのコメントをしている間、他の誰か(ジョンまたはジョーポリッシュのいずれか)がほとんどの話をします。これには非常に正当な理由があります。